スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視網膜色素変性症は進行性・遺伝性の病気なんです

視網膜色素変性症

40代の男性です。
兄と私が、そろって目の奥に網膜異変が起こり、
どんどん視力が低下してきました。
私の家系では、何人も同じ症状で悩んでいるみたいで、
気にはなっていたのですが、自分自身がその症状を患い、
これは何とかしなくてはと思い、徐針灸院を訪れました。

■治療結果

視網膜色素変性症は、進行性・遺伝性の病気です。
目の奥に網膜異変が起こり、暗い所で見ずらくなったり、
進行していくと、だんだん視野狭窄、視力低下をきたし、
失明に至る場合もあります。
針治療によって進行を遅らせて、長期間、現状維持することが可能です。
お見えになった患者様は、針治療を続けられ、
今も仕事を続けられておられますが、
お兄様は、何の治療もしないままで、とうとう失明に至られたそうです。
網膜色素変性症の病をもっておられる方は、
何をしてもムダだと諦めないで、針治療を続けられることをお勧めします。


詳しいことは、大阪梅田にある徐針灸院(鍼灸院)06-6347-0508 
大阪市北区梅田2-5-4千代田ビル西館3F
徐針灸院
眼瞼痙攣、眼瞼下垂、網膜色素変性症、緑内障、黄斑変性症、半身不随など
でお悩みなら、ぜひご連絡ください。お待ちしております。
http://www.jo-shinkyu.jp/

スポンサーサイト

テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じょしんいん

Author:じょしんいん
FC2ブログへようこそ!

FCカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。