スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然、顔の片側に違和感を感じ、目が閉じれなくなって、口がゆがんで食事もしにくくなってしまいました。

顔面麻痺

60代の女性です。
ある日、顔の片側がにぶいような違和感をおぼえました。
私の顔をみた家族に、顔がゆがんでいるよと言われ、びっくり。
急いで病院に行ってステロイドで治療しました。
それから一ヶ月経っても、目が閉じなかったたり、口が斜めにゆがんだままで、
食事もちゃんとできないし、
それが気になって
どんな料理も美味しく感じることもできません。
外出もしなくなり、仕事も休んでしまいました。
そんな時、友人から徐針灸院を紹介され、訪れることにしました。

■治療結果

40代以上の中高年が発症しやすく、
特に女性に多く見られる病気のひとつが、片側顔面麻痺です。
患者様も、この病気にかかられたようです。
針治療をさせていただき、瞼(まぶた)が少し軽くなられたようで、
少しは目を閉じることができるようになられました。
斜めにゆがんでいた口も動きやすくなられ、
今では外出も平気になられたそうです。



詳しいことは、大阪梅田にある徐針灸院(鍼灸院)06-6347-0508 
大阪市北区梅田2-5-4千代田ビル西館3F
徐針灸院
眼瞼痙攣、眼瞼下垂、網膜色素変性症、緑内障、黄斑変性症、半身不随など
でお悩みなら、ぜひご連絡ください。お待ちしております。
http://www.jo-shinkyu.jp/

スポンサーサイト

テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

顔面神経麻痺でお悩みの営業マンの方の治療

顔面神経麻痺をわずらい、人前に出る営業職だけに困っている
と悩んでおいでの方を治療させていただきました。

顔面神経麻痺

大阪市内に勤務する40代の営業マンです。
最近、通勤中に、無意識のうちに泪が出てしまうことが頻繁にありました。
また昼食を食べているとき、何かいつもと感じが違うな、食べにくいなと感じ、
どうしてだろうと思ったら、どうも口中の左側に食べ物が溜まっているみたいでした。
鏡で顔を見たら、驚いたことに顔の大きさが左右で違っていたんです。

仕事柄、お客と接することが多いだけに、印象を悪くしてしまうではないかと心配になり、
ついつい消極的になりがちで、人前に出るのが怖いとさえ思ってしまいます。

病院に行ったら、顔面神経麻痺と診断されました。
病院で点滴をしましたが、一向に改善せず、不安を抱えたままのとき、
知人が徐針灸院を紹介してくれたので、訪れることにしました。

■治療結果

治療後、顔面神経麻痺が改善され、
麻痺のせいで開きっぱなしだったマブタが
閉じれるようになられました


また、コップでお茶を飲むとき、
ついこぼしてしまいがちだったそうですが、
今は普通に飲めるようになられ、
食事も以前のように普通にできるようになられました。
今は、顔を見られることを気にせず、
お客にも、明るい笑顔で接することができ、
あぶらの乗った営業マンとして、
バリバリ仕事に励んでいます、ありがとうございました、
と感謝の言葉をいただきました。


詳しいことは、大阪梅田にある徐針灸院(鍼灸院)06-6347-0508 
大阪市北区梅田2-5-4千代田ビル西館3F
徐針灸院 http://www.jo-shinkyu.jp


テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

プロフィール

じょしんいん

Author:じょしんいん
FC2ブログへようこそ!

FCカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。